実績紹介

臭気改善

BTSの活用例:縦型コンポストからの臭気ガス発散場での使用状況

【愛知県内】

この養豚場は、縦型コンポスト機から発生する臭気ガスを、排通気官で排気口の開いた床を持つ建屋に移動させ、排気口上部の床上にオガ粉を約1m高さに被覆し、その中に臭気ガスを通過(40m3/分)させる方式で臭気対策をしていました。
オガ粉の被覆は、明確な効果がないうえ、湿気でオガ粉が嫌気的に発酵し、それが豚糞臭気と合さり、耐えがたい状況でした。
そこで、オガ粉を除去し、BTS(ペレット)を同様の施工でオガ粉より少なめに約70センチ高さに入れ替えたところ、臭気は大幅に低減し、臭気測定の結果も10分の1の数値となりました。
この状況は、BTS施工以降、7年以上にわたり現在もなお改善後の状況を維持しております。
更に、2010年より、臭気対策に加え、BTS(微粒)を発酵促進・臭気低減材として縦型コンポストに、原料に少量添加して使用しています。
その結果、臭気が以前より増して低減し、臭気の質も変わったと言われるようになりました。
また、発酵温度も使用前より常に5度以上高い状態を保つようになり、コンポスト堆肥としての出来栄えも、今までにないほどに改善(速度、乾燥率、臭気等)しております。

TOPに戻る