実績紹介

水質改善

愛知県緑化センター(水の回廊、カスケードと本館横の池)

【愛知県豊田市】

間接浄化
愛知県緑化センターの水の回廊となるカスケードと本館横の池底に、袋詰めしたBTS(約20L×75袋)を設置し、1年後に水質を特定しました。池の水質はBTS設置前と比例して、色度が1/5、濁度が1/6、COD※が1/2の数値となり、カスケードもほぼ同様の数値で、水質が大幅に改善されました。(※COD:科学的酸素要求量 水質汚濁指標の一種)

さらに2017年6月23日に現地を視察したところ、水質が悪化する時期にもかかわらず目視ではありますが、クロロフィルなどの浮遊も無く透明な水質を維持していました。また、下流には中池と日本庭園内の大池がありますが、両池ともに同様に、クロロフィルの浮遊なども無く透明な水質を維持していました。

TOPに戻る