実績紹介

水質改善

大畔池の水質改善対策

【愛知県犬山市】

接触浄化・間接浄化
水質への悪化要因が年々増え、藻類・アオコ、「オオマリコケムシ」などの発生が例年見られ、水質浄化対策として袋詰めにしたBTSを、池の流入水路上流部にある温泉施設排水沈砂池と流入水路流末部の2箇所に底面敷設と小堤防を設置し、透過・接触浄化を図りました。

開始から程ない日数でアオコや「オオマリコケムシ」は徐々に減少し、1年後には殆んど見られなくなり、6年後の2017年8月27日に観察しましたが、アオコや「オオマリコケムシ」は確認できませんでした。

TOPに戻る